日々の記録

日々感じたことと過去の旅の話

【スペイン】マドリッドの移動遊園地で死ぬかと思った話

 

f:id:Pukeko:20170630172547j:plain

2012年のスペイン旅行はマドリッドから始まりました。

季節は5月。

偶然にも「サン・イシドロの祭り」が開催されていました〜。

ホステルで出会ったウクライナ人のターニャとお祭りへ。

今日はサン・イシドロのお祭りと特設の移動遊園地で死にかけたお話です。

1.サン・イシドロの祭りとは

サン・イシドロの祭りは、毎年 5月15 日、マドリッドと農民の守護聖人イシドロの日を中心にマドリッドで祝われます。

この聖人イシドロさんですが、水がある場所をたやすく見つけられる才能があったそうです。そのためこのお祭りは"水"に関わりが深いものとなっています。

巨大な人形の行進やコンサート、ダンスなど色々と行われるようですよ。

(引用"https://www.esmadrid.com/en/san-isidro")

 

で実際行ってみて何が楽しかったかっていうとですねー、

 

民族衣装の人が街に溢れていたこと!

たくさんの屋台!

移動遊園地!

この3つです。

場所は変われど、祭りの楽しみは基本一緒ってことですね(^_^;)

 

2.観覧車のスピードが異常に早い!

街や屋台をぶらぶらしたあとは移動遊園地へ!

真っ先に見つけたのは、異常にスピードの早い観覧車。

グルングルン回っていて、景色を見るどころか恐怖を感じるレベルです。

こんな感じ↓(45秒くらいから動きます)

youtu.be

 

3.ターニャに誘われて乗った遊具で死の恐怖を味わう

結局観覧車には乗らなかった私たち。ですが元気一杯のウクライナ人ターニャが見つけたのは、ちょうどTの字の横棒が縦にグルングルン回転するアトラクション。

空に向かって伸びるTの字の縦部分。

高さがかなりあるからちょっと怖そうだけど、縦回転だけだったら大丈夫か、と思い

マドリッドに来た記念にもなるし乗ることに。

Tの字の横棒の先端に座席が2つ。

上から肩に覆いかぶさる感じでUの字のバーが降りてきます。バーには古そうなベルトがついており、座面のベルトとカシャっとしめるタイプ。まさに飛行機のシートベルトと同じです。

するとタバコを加えた気だるそうな係員がやってきて、

シートベルトが簡単に外れないか確認しています。

「大丈夫かな(・_・;」と一瞬心によぎったものの、

すでに時遅し。

 

ついにTの横棒が回転を始めました。

ブランコに乗ってる感じです。

かなりのスピードですが、

上まで行くとなんとマドリッドの街並みが一望!!

Que bonita!!

隣のターニャは「Hello,Madrid〜!!!!」と叫んでいます。

めっちゃテンション上がる。

 

しばらく上に行ったり下に行ったりを繰り返した後、

座席が後ろ回転を始めました。

「なんだ意外に怖くなかったなー」なんて思っていたら

てっぺんで棒が止まったんです。

ほんの一瞬。

 

すると次の瞬間

座席が前回転を始めました・・・

「え"ーーーーーーーーーーーーー((((;゚Д゚)))))))」

 

私の全体重がベルト部分にかかります。

支えているのはあのベルト。

おっちゃんが気だるそうに確認してた、あのベルト。

一番怖いのは前回転をはじめてお尻がズズズと前にずれてきて、

Uの字のバーにしがみつかなくちゃいけないこと。

しかも目の前に広がるのは地面だけ。

おまけに座席は私の体より少し大きめで

前に回転するたび体が浮かび上がる。。。

 

隣を見るとさっきまで元気だったターニャがピクリとも動きません。

失神しているのかも(-。-;

 

私の頭には翌日の日本の新聞のタイトルがよぎります。

マドリッドの移動遊園地で日本人女性転落死』

嫌だよー。死にたくないよー。

この時ばかりは本気で神頼みしましたww

 

時間は3分くらいのものでしょうか。

でも実際にはかなり長く感じました。

元気一杯ターニャも

「怖すぎて言葉が出なかった」とのこと

 

そんな恐怖のアトラクションはこちらです↓(香港のものですが、ほとんど一緒)

Fair ground MACH5 bomber ride - YouTube

 

皆さんもぜひ・・・・・・