ヤギの旅、そして人生

39歳無職が旅と人生のモロモロについて書いてます。NZ人と国際同棲中。

旅先で感じたカルチャーショック

f:id:Pukeko:20170625200231j:plain

こんにちは。ヤギです。

今回はこれまで行った旅先で感じたカルチャーショックの数々をご紹介します。

1.スペイン・イビサ島の「Disco bus」

スペイン・イビサ島はかつてはヒッピーの島として有名で現在はパーティーアイランドとして有名です。

そんなイビサ島に行って来たのは6年ほど前のことでしょうか。

私はゴリゴリのパーティーピーポーではないんですが、

イビサに行ったからには有名なクラブを回らなくては、

そう思い移動手段を調べることにしました。

イビサのそれぞれのクラブは結構中心地から遠くにあったりして、タクシーだとちょっと割高になってしまうんです。

 

そこで発見したのが「ディスコバス」!

昼間は普通の路線バスとして活躍している公営バスが、

夜間は様々な有名クラブをめぐるディスコバスに変貌するのです!!

便利!

 

2.スペイン・イビサ島ヌーディスト

またしてもイビサ島です。

私これ行くまで知らなかったんですが、イビサはトップレスとかフルヌードの人が多いんです!

母のような年齢の女性たちがトップレスで海の中でビーチバレーしてたり

 

高齢の男性が波打ち際で、ムスコさんをぶらぶらさせてたり

 

トップレスで日焼けしてるとか、もう当たり前すぎて自分がやってないのが不思議なくらい。

なので私もやってみました!人生初♡

 

これが、たまらないんです!

あの開放感(°▽°)

病みつきです!

皆さんも機会があればぜひトライしてみてくださいね。

 

3.スペイン・ビルバオ グッゲンハイム美術館のクラブイベント

気づけばスペイン三連発になってしまいました。

 

スペインのビルバオには「グッゲンハイム美術館」というモダンアートで有名な美術館があります。

こちらでは季節限定のイベントとして「Art After Dark」というクラブイベントが開催されるのです。

これは夜の美術館にDJが登場し、お酒と音楽と共にモダンアートを楽しめるというもの。

私が行った頃は月に1回くらい開催されていたようですが、

現在ホームページで見つけられたのは7月と12月の2回のみ。

減っちゃったみたいですね。

 

こんなイベント、日本では絶対に体験できないだろうと思い行って来ました!

酔った若者が、木でできた巨大迷路みたいなところを走り回ってた(-。-;

 

日本だと、芸術はかしこまって大人しく見るもののような扱いをされてますが、

こんなにフランクに芸術に触れることができるなんて

とーっても素敵だなと思いました。

 

*Art After Darkの情報はこち

https://www.guggenheim.org/event/event_series/art-after-dark