ヤギの旅、そして人生

39歳無職が旅と人生のモロモロについて書いてます。NZ人と国際同棲中。

【ひとり旅】チェンマイでオススメしたい滞在エリアを紹介します。路地好き必見!

f:id:Pukeko:20170616162409j:plain

こんにちは。トラベル&人生ブロガーのヤギです。

 

今回は5月初旬に滞在したチェンマイのオススメ情報をご紹介します。

1.旧市街北側チャーン・プワック門の近くに滞在

Google マップ

バンコクからチェンマイ行きの寝台列車で知り合ったハンガリー人、アルゼンチン人と一緒に向かったのは、チャーン・プワック門の内側にあるHUG Hostelというドミでした。

旧市街は他のサイトでもよくオススメされてて、ホテルやゲストハウスもたくさんあります。

わたしが滞在していたこのエリアは、路地を一歩中に入ると地元の人が普通に生活していました。一方で素敵なホステルやレストラン、カフェがあったりとなかなかバランスの良いエリアです。

ただナイトバザールやバーなどのある場所からは少し遠かったので

それらを求める人は東側のターペー門付近での滞在が良いかもしれませんよ。

 

2.一日中でもいられる居心地抜群のカフェ「Let it be & beer」

f:id:Pukeko:20170616153932j:plain

Google マップ

Hug hostel が面するSri poomロードから一本南に入ると、それはあります。

優しいタイ人女性が入れる、地元チェンマイのコーヒーがとってもおいしいし、なんと言ってもゆったりした雰囲気の店内が最高。何時間でもいれちゃいます。

f:id:Pukeko:20170616154527j:plainそしてオーナーの女性が最高に優しい!!!

わたしがチェンマイを出発する日、ホテルをチェックアウトして観光して回った後、彼女に会いにそのカフェを訪れたんです。

そしたら、汗だくのわたしを見て彼女が「シャワーを使ってもいいわよ」と一言。

遠慮なく使わせてもらい、お礼に何か飲み物を注文しようとしたところ

「そういうことはしなくていいのよ。ただあなたのためにしたことだから気にしないで」って言ってくれて抱きしめてくれたんです。

なんて優しい人!

 

本当にこのカフェはオススメです!ぜひ行って見てください!!オーナーの優しさが存分に滲み出ている本当に居心地の良いカフェなんです。

 

3.チェンマイのイケメンが作るロティにおばあちゃんの家庭料理

f:id:Pukeko:20170616155531j:plain

彼は、偶然見つけたイケメン ロティ屋台です。

薄いクレープ状の記事にバナナを乗せて包み、トッピングにチョコとクリームをかけてあるバナナロティ。とっても美味しかったです。

「アロイ?(美味しい?)」とタイ語で聞くと、はにかんだ笑顔を見せてくれてキュンとしました♡

ぜひ朝の散歩もかねて彼を探して見てくださいね!

f:id:Pukeko:20170616155959j:plain

そしてこちらも偶然見つけた路地の中にあるお惣菜屋さん。

普通の一軒家の玄関先でお惣菜を売っていました。ご飯もあって小さなテーブルもあったからそこで食べさせてもらいました。確か1人20バーツ(60円)くらいでとーっても美味しかった。

そして、このおばあちゃんと女の子がなんとも言えず微笑ましかった。

こちらも場所はわかりませんが、路地の一角です。多分こんなお店他にもたくさんありそうだったので、自分のお気に入りを自分の足で探してみるのも楽しいかもしれませんねー。

 

3.道に迷ってプチムエタイ体験!

先ほどのイケメンロティ屋台からホステルへの帰り道、わたし迷ってしまったんです。

そしたら偶然こんな光景が

f:id:Pukeko:20170616160835j:plain朝のムエタイ道場です。

こっそり写真を撮ろうとしていたわたしを、写真左のお兄さんが手招き。

呼ばれるがままに行くとミットを持って「kick!kick!」と言ってきます。

どうやらお試しムエタイ体験させてくれてたようです。

夜は試合も観戦できるようなので、こちらもオススメです。

頼めば本格的なムエタイレッスンも受けられそうな感じでしたよ。ちなみにこのお兄さんは英語大丈夫のようです。

場所はこちら:

Google マップ

 

4.疲れたらChiangmai  Womens Center by Exprisonersでマッサージ

この「チェンマイ ウィメンズ センター バイ エクスプリズナー」は

元女性受刑者たちがマッサージ師として働いている場所です。元女性受刑者たちの社会復帰のため、マッサージのトレーニングやマナーを学び、ここで素晴らしいマッサージを格安で提供してくれています。

旧市街には3店舗あり、どこもチャーン・プワック門から近くにあります。

わたしも彼女たちのマッサージを受けましたが、技術も接客も申し分ありませんでした。

ホームページ:

http://dignitynetwork.org/womens-massage-center/

 

チェンマイバンコクと違いのんびりとしていて、今回初めて訪れたのですが3泊4日では足りないくらいでした。移住者が多いと言うのもうなずけます。

皆さんも楽しいチェンマイ旅行を〜♪