日々の記録

日々感じたことと過去の旅の話

【ひとり旅】ベトナムで南北統一鉄道を利用したら思いのほか快適だったので紹介します

f:id:Pukeko:20170605221707j:plain

こんにちは。旅が大好きヤギです。

 

今回は、ベトナム南北統一鉄道についてご紹介します。

使ったのは、ダナンからフエとハノイからニンビンの2路線。

どちらも約3時間ほどの中距離で、驚くほど快適だったので

乗り方などをご紹介しますね。

ではどうぞ!

1.何と言ってもチケットが安い!

ダナンからフエまで約99kmの距離(Google調べ)で、約3時間ほどです。

ソフトシートでエアコンつき車両を選び、片道約350円でした。

板張りのハードシートだと100円以上安いようですが、

お尻にはやさしくないでしょうね、きっと。

 

フエ行きのチケットはダナン駅で購入したのですが、

購入の際パスポートの提出を求められました。

ハノイ駅でもニンビン駅でも何も言われなかったので

なくても買えるかもしれませんが、

念のためパスポートは持ってた方が良さそうです。

 

2.ホームページで時間と空席確認、予約も可能らしい

ホームページはこちら。英語表記もあります。

www.dsvn.vn

わたしはホームページで時刻表と空席、料金の確認をしましたが今回予約はしていません。出発地と行き先を入力すれば簡単に調べられるし、とっても見やすいサイトでしたよ。

オンラインで買う方が少し料金が安いようです。

 

3.お昼休みはチケット買えませんよ

ニンビンからハノイへの列車チケット購入の話。ハノイ行きの列車が13時15分ころで、ホームページで空席が少ないように見えたため、わたしは12時頃にニンビン駅に行きました。

チケット売り場には誰もいません。売店の女性に聞いたところ今はお昼休みとのこと。

12時45分くらいまで待ちぼうけをくらいました。

日本のように、お昼休みも交代で対応、という感じではないので注意が必要です。

心配な人は往復で買ってしまう方がよいかもしれませんね。

 

4.座席指定はあるけれど

ベトナムの鉄道は基本的に全席指定です。

ただし。

自分の席に行ってみると、別の人が座ってる、なんてことはよくあります。

そんなときどうするか。

 

あなたも適当に他の席に座っちゃってください。

 

「なんで人の席に座ってんだよ!!!」なんて怒ってはいけません。

 

ちなみにダナンーフエ間は本当にみんな好き勝手に座ってました。

ハノイーニンビン間は意外とみんな指定の席に座っていたようです。

地域による特性がこんな所にもあらわれてるのかもしれませんね。

 

5.水の配給と電源完備で快適

列車に乗り込むとすぐに小さいペットボトルに入った水が配られました。ありがたいですね。

各座席には電源も完備されているので、スマホの充電もできてとーっても快適です。

 

6.物売りがたくさんきて楽しい車内

どうやら各駅で停まると、物売りの人たちが乗り込んでくるようです。

ピーナッツ餅、フルーツ、ゆで卵、ビール、乾き物などいろんなものが売られています。

お昼頃や夕方頃になると、お弁当売りもあらわれて、

まるで給食のような寸胴に入ったスープやらチキンやらご飯やらをワンプレートに入れてくれます。

お腹空いていなかったので食べませんでしたが、なかなか美味しそうでしたよ。

 

7.各地への所要時間

わたしのオススメの訪問地と所要時間をご紹介。

ハノイーニンビン 2h15m

ハノイーラオカイ(サパへの中継地)9h30m

ハノイーフエ 13h45

フエーダナン 2h45m

ダナンーホーチミン 17h

 

tabieigonz.hatenablog.com

長時間の旅は寝台車が良さそうですね。

それとベトナムのスリーピングバスはかなり快適だそうです。

深夜バスはリスク高そうなのでわたしは使いませんでしたが。

 

鉄道も寝台車両があるので、列車の旅も楽しそうですよね。

わたしの出会った欧米人バックパッカーは列車を利用している人が多くいました。

 

皆さんもよい旅を〜