日々の記録

日々感じたことと過去の旅の話

【ひとり旅】couchsurfing(カウチサーフィン)をオススメする理由と注意点

f:id:Pukeko:20170608112710j:plain

こんにちは。Travel bloggerのヤギです。

 

今回の旅では、Couchsurfingにものすごーく助けられました!

私は2012年から使い始めてヘビーユーザーとなっています。

 

今日はカウチサーフィンに関するご紹介です。

 

1.couchsurfing(カウチサーフィン)って何?

 Meet and Stay with Locals All Over the World | Couchsurfing

一言で言うと、『旅先で自宅をシェアしてもらったり、旅人にシェアしたり、旅行中に仲間を見つけたりできるサイト』です。ホームページでもわかる通り、キーポイントは「share(シェア)」なので、airbnbとは違ってお金のやり取りは発生しません。

 

<カウチサーフィンの機能>

1)旅行先でホストを見つける

2)自分が旅人をホストする

3)近くにいるメンバーと会う

4)イベントを開催する

 

私は1)〜4)まですべて経験しました。個人的に最近お気に入りなのは3)の近くにいるメンバーと会う、hang outという機能です。

実は昨日も旅行中のアメリカ人と会ってランチしてきました。3時間くらい喋って、すごい楽しかったなー。

ちなみにhang outは、「遊ぶ」「つるむ」「たむろする」のような意味です。

「ちょっとどっか行こー、なんかしよー」みたいな気軽なイメージがして好きです♡

 

<カウチサーフィンをオススメする理由>

1)地元の人と触れ合える、新しい経験ができる

これ、ホストにも寄るしタイミングもあると思うので一概には言えませんが確率高いです。

 

私は5年前に初めてカウチサーフィンを使ってホストしてもらった時、まさにこの体験ができました。

ホストは年の近いスペイン人の女性で、ビルバオから電車で30分くらいの観光地とは程遠い所に住んでいました。あえてここを選んだわけではありません・・・市街地とかアクセスのいい場所を選ぶ術を知らず、年が近いとか、他のメンバーからの評判がいいから、くらいの理由で選んでたんです。

でも逆にそれがよかった!バスク地方の田舎の生活が垣間見れたし、彼女は友達10人くらいとの飲み会にも招待してくれて一緒にバルに行ったり、ガールズトークしたり。バルではライブの音楽に合わせて、年配の女性がフラメンコを即興で踊り始めたり。

私がアホみたいに遊んでいた子供の頃、バスク内紛のために彼女は銃弾から逃げ回っていたことを聞いて衝撃を受けたり。

普通の旅では体験できないことを見て、聞いて、一生忘れられない思い出となりました。他のホストのところでも、いっぱい良い思い出があるんだけど、書ききれないのでまたいつか。

 

2)どんなに小さい部屋でもホストすると喜んでもらえる

やっぱり寝泊まりする所にお金がかからないって、有難いことです。だってその分そのお金を別の経験に使えるから。しかも多くのホストは、場所をシェアしてくれるだけでなく、旅人をもてなそうという気持ちで時間や経験までもシェアしてくれる。

その気持ちが本当に有難いです。私は1LDKの部屋に布団を敷いて泊めていたのですが、そんな環境でも喜んでもらえてました。

 

3)旅の間に仲間ができる

今回のベトナムの旅では、本当によく使ったhang out機能。

以前はなかった機能なんだけど、いつのまにかできてたようで。

 

一緒に夜のビーチで遊んだり、花火を見に行ったり、日帰り小旅行に出かけたり、ビール飲みながらお喋りしたり、本当に楽しい想い出ばっかりです。

ここで出会った何人かは帰国してからもやり取りしてるし、是非また会いたい人たちです。

国籍も違うし、母国語も違うけど、みんな旅が好きで、社交的で、経験をお互いに共有したい、と思ってる人たちと話すのはすごく楽しい。

日本人だけで固まって観光地を見て、夜は酒飲んで寝る、にはない経験ができますよ!

 

2.これだけは気をつけて。注意点

1)Referenceを良く読んで!相手がどんな人なのか良く知ること!

Reference(評判、評価)は、出会った人からの評判です。これが少なかったり、ネガティブな内容が書かれてる人には気をつけましょう。カウチサーフィンを始めてから大分時間が経っているのに、Referenceがゼロとかhostの経験なしとかはやめといた方が無難です。

 

2)自分の直感をフルに生かして!

カウチサーフィンに関しては、良くない噂を聞いたことがあります。ホストや旅行者のふりをした人にレイプされたなど。

どんなに良いプロフィールでも何度メッセージをやり取りしても、ネット上のやり取りだけでは限界があるかもしれません。でも「なんとなくやめといた方がいい気がする」と感じたら、それは信じる価値があります。自分の直感を信じて!

 

3)全ては自己責任!緊急事態に対処できるようにしておくこと!

これ、ひとり旅全体を通して言えることなのですが、基本全て自己責任です。自分の身は自分で守る!

もしホストと合わなければ出ていけばいいし、その時の代替策も事前に考えておくべき。ホテルのエリアを確認しておくとかね。

 

4)嫌なら嫌とはっきり伝える

もし旅人から「泊めてください」とリクエストがきても、やり取りの結果自分と合わないなと思えば、とっとと断っちゃってください。相手も早く断られれば次をすぐ探すことができます。

「短い期間だし・・・」「私が我慢すればいいか・・・」と犠牲的精神でカウチサーフィンに参加するのは、ナンセンスです。

 

ちょっとしたことに気をつければ、簡単にいろんな国の人と交流できちゃうcouchsurfing!勇気を出して、是非使ってみてくださいね〜

Couchsurfingについて、ご質問等あればメッセージください。

経験の範囲内でお答えいたします!

 

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

 

 ちきりんさんの本、読みやすくてわかりやすくてオススメ。